アフターピルを使用すると膀胱炎や抜け毛になる?

アフターピルは、セックスの最中に誤ってコンドームが破れたり外れたりして避妊に失敗した時に、妊娠しないように24~72時間の間に服用して妊娠しないようにする緊急避妊薬です。

24時間以内の服用で95%、72時間では75%と、性行為後からの服用時間が短ければ短いほどその避妊効果は非常に高く強力なことから、個人差はありますが人によっては吐き気や不正出血などの様々な副作用が出る場合があります。

時々アフターピルを飲んで膀胱炎になったという方がいますが、膀胱炎は尿道に雑菌が入ることによって起こる病気なのでアフターピルとは関係ないとされています。

アフターピルを飲んだから膀胱炎になるのではなく、セックスの最中に何らかの原因によって尿道に雑菌が入ったためになるではないかと思われます。

また、アフターピルを飲むと抜け毛は増えるのではないかと心配する方もいますが、むしろ抜け毛防止の抑制剤になる可能性も秘めています。

女性の抜け毛の原因は色々な理由がありますが、ホルモンバランスの乱れによって起こることもあり、プロゲステロンを多く含むアフターピルを飲むとホルモンバランスが戻って一時期抜け毛が抑制される効果がありますが、服用をやめるとその効果が薄れて一気に抜け落ちるために、「アフターピルは抜け毛になる」という説になっているのではないでしょうか。

プロゲステロンは、本来髪の毛を抜けさせにくくする効果があり、妊娠中はその作用が働いているためにあまり抜け毛が気にならないのですが、出産してホルモン分泌が減少すると、抜け毛の抑制効果がなくなりどっと抜け落ちてくるので多くの女性が出産後の抜け毛に悩まされています。

アフターピルの服用は、むしろ毛を抜け落ちにくくする効果があり、また膀胱炎になる原因は別のところにあると考えて良いでしょう。

トップページへ