アフターピルと新アフターとの違いと過多月経

アフターピルは日本の場合には72時間以内に服用を始めないと緊急避妊の効果がないのですが、海外で使用されている新アフターの場合には120時間以内に服用することで効果があります。またこの新アフターは避妊ができる確率が日本で使われているアフターピルよりも2倍以上高いので、より多くの望まれない妊娠を防ぐことができるとされています。日本においてアフターピルは男性が膣内射精を行った場合に服用されているのですが、海外の場合には性犯罪などによる妊娠を防ぐために服用される割合が高いので、新アフターなどの開発が盛んに行われています。過多月経とは生理の時の出血が異常に多い症状があるのですが、これは低用量ピルを服用することでコントロールすることができます。原因としては子宮筋腫などが考えられるのですが、筋腫を取らずに保存して様子を見ておく場合には低用量ピルを服用して、生理が来なくなる年齢までコントロールを続けます。過多月経の治療のためにはストレスなどの原因と取り除くことも重要なのですが、子宮内に異常がある場合が多いので、これらの場合には婦人科で十分な治療をする必要があります。過多月経が起きてしまうと出血の量が多いので貧血状態になることがあるので、日常生活に支障をきたしてしまいます。生活の質を維持するためには低用量ピルの服用が必要なのですが、女性が喫煙している場合や糖尿病の場合には積極的に低用量ピルを使うことができません。アフターピルなどに関しても副作用として血栓ができやすくなるリスクがあるので、喫煙や糖尿病などの血栓症のリスクが元からある場合には慎重に投与することが重要です。アフターピルに関してはネット通販でも入手できますが、専門の病院に受診をした方が安全性は高まります。

トップページへ